• トップ
  • 社会貢献
  • 「和の文化」を世界に伝え未来に残す【和いWayテレビ応援ミライズ】(500ml ×48本)

「和の文化」を世界に伝え未来に残す【和いWayテレビ応援ミライズ】(500ml ×48本)

商品コード : sca00000001
価格 : 5,598円(税込)
数量
 

このプロジェクトの支援内容

「和の文化」を世界に伝え未来に残す
和いWayテレビを応援!

1本につき10円の支援

「和いWayテレビ〜和ヲモッテ輪ヲツナグ〜」は24時間常時放送「シャナナTV」で放映中のインターネットテレビ番組です。日本が誇る和の文化を世界へ発信し、また未来のために映像資料を残す取り組みです。また作品の魅力を伝える場が少なく、継承者不足がますます深刻化している事実にも目を向け、解決の一助になることを目指して、自主取材・制作・発信に奮闘しています。

世界に伝え、未来に残したい「和の文化」

和の文化を世界に発信したい、未来に残したい。そう考えるようになったきっかけは、祖母の形見の着物でした。着物で外出するようになると、自然に和の職人さんとの繋がりが増え「この技を伝えたい、残したい」と考えるようになりました。映像は職人技のこまかな部分を後世に残すのにぴったりの媒体です。コンセプトはタイトル通り「和ヲモッテ輪ヲツナグ」。インターネットテレビの特性を生かし、日本だけでなく世界中の人々に日本の和の文化を広く知ってもらい、和の文化を愛する人の輪を繋いでいきたいと考えています。

手探りでも伝えたい、現場の職人技

番組を始めるにあたり、着物が繋いでくれた和の職人さんとの縁が生きました。番組ロゴ、ロケーションの手配、時には番組で着用する着物まで、知人の書家や呉服屋さんが力を貸してくださいます。手探りで進めてきた映像製作はまさに文字通りの「手作り」。番組のこだわりとしては、必ず職人さんの元へ出向き、その技を映像に収めること。細やかな職人技こそが、伝えていくべき和の文化の宝だからです。和の文化といえど幅広く、それぞれの職人技のファンになってもらいたい、そんな気持ちで製作をしています。

作品に魅力があるから、発信しつづける。

番組製作を後押ししたのは、職人さん達が素晴らしい作品を世に発信する術を持たず悩んでいたこと。普段馴染みのない層に訴求するために、広く、そしてわかりやすく伝わるインターネット番組を選びました。ディテールを見て魅力を感じ、ファンが増えることで輪が広がる。そこから後継者不足を解決する力になれればと考えています。実際に放送を見て「働きたい」という問い合わせが入り、今はスタッフとして活躍している方もいるとのこと。これからもそのようなうれしい報せが聞けるよう、多言語化も視野に入れてコンテンツの充実を図ります。

今人気の発酵食!「和の食材!和いWay紀行」編では、 「ふなずし」を作られている「至誠庵」をご紹介しました。
ビデオカメラと三脚をかかえて色んなところへ取材に伺い、
手探りで番組づくりをしています
「和の文化人インタビュー」編で、書道家・日中文化芸術専門学校 客員教授劉 銘義さんにお話して頂きました。