• トップ
  • 社会貢献
  • ラオスに小学校を建設したい! 【学生団体I-RIS活動応援ミライズ】 (500ml ×48本)

ラオスに小学校を建設したい! 【学生団体I-RIS活動応援ミライズ】 (500ml ×48本)

商品コード : sca00000001
価格 : 5,598円(税込)
数量
 
1本につき10円の支援

このプロジェクトの支援内容

ラオスに小学校を建設したい!
「学生団体I-RIS」の活動を応援!

私たち「学生団体I-RIS」は、ラオスに小学校を建てることを目的に活動する国際学生ボランティア団体です。メンバーは関西の現役大学生。活動を始めた2012年からISSC(NPO法人国際学校建設支援協会)の皆さんにご協力いただきながら、2校の建設を実現しました(※)。大学生だからこそ考え、できることがある。そう信じて、今すべきことに力を注いでいます。(※2017年現在)

ラオスという国の歴史、そして今

ラオスはタイやカンボジア、ベトナム等に隣接する内陸国です。長きに渡り大国の戦争に巻き込まれ、内戦が繰り返されてきました。戦争の傷跡は今も色濃く、教育環境の整備は後回し。特に貧困層の子供たちは働き手とならざるを得ない現実があります。成人の識字率も低く、教育機会を重視する風土とは程遠い状態です。

実績と取り組み

I-RISは2012年の結成時から街頭募金の呼びかけやチャリティーイベントの開催等、自分たちができることを積み重ねてきました。2017年時点でタバーク小学校、ノンブア小学校の2校が完成。既に多くの子供たちがここで勉強してくれています。メンバーが現地へ赴くStudyTour「スタディーツアー」を定期的に実施し子供たちと交流すると同時に、現地で次に支援が必要な所を精査しています。

「大学生」の視点と行動力を生かして

コンセプトは「今できることを」「一人でも多くの人の笑顔を」「あなたのことを大切に」。ISSC(NPO法人国際学校建設支援協会)の皆さん、協力企業の皆さんのお力をお借りしながら、大学生だからこそできるアプローチで考え、行動しています。今本当に何が必要かを考えることで、私たち自身も貴重な学びを得ています。

さらに、教室や教科書、教員の不足も問題とされています。家事と勉強の両立が困難なため学校をやめてしまう子供も少なくはありません。
完成した校舎に訪れるだけでなく、時期によっては、
まだ補修前のボロボロの校舎に訪問することもあります。
Study Tour(スタディーツアー)とは、私たちが支援している小学校に
年に2回、春と夏に訪問する行事で、I-RISにとっての一大行事です。